子どもの歯列矯正

  1. ホーム>
  2. もっと知りたい!歯列矯正>
  3. 子どもの歯列矯正
特徴

子どもの歯並びの特徴

最初に子どもの歯が生えてくるのは、個人差はありますが生後6~7ヵ月頃で、下顎の中央に生えてきます。1歳4~5ヵ月頃には奥から2番目の歯が生え、食べ物を噛めるようになり、2歳6ヵ月頃に奥歯が生えて乳歯列の咬合が完成します。
乳歯列には隙間がある場合が多いのですが、異常というわけではありません。これは後から大人の歯が生えてくるためのスペースだからです。隙間があってもおかしくないのが子どもの歯並びの特徴です。
[参考文献:歯科矯正学(医歯薬出版株式会社)P41-43]

子どもも矯正治療が必要なの?

矯正治療が必要なの?

子どもの歯はいつか大人の歯に生え変わります。
それでも子供の歯列矯正は必要なの?と思うかもしれませんね。子供の歯列矯正は顎の骨の成長に関係してきます。顎の骨が成長期にある子どものうちに歯並びを矯正することで、噛み合わせを改善し物を上手に噛めるようにしたり、虫歯リスクを低くできる場合があります。 そうすると、大人の歯が生えてきたときに理想的な位置に生えてくることが期待できます。
いつか生えてくる大人の歯が理想的な歯並びで生えてくるために、子どものうちから歯列矯正をすることはとても大事なことで、将来のお口の健康のための予防的な役割があると一般的に言われています。 子どもの歯並びが気になるときは、早めに矯正歯科医に相談しましょう。

いつから始めればいいの?

いつから始めればいいの?

子どもの歯列矯正は、『第1期治療』(混合歯列期に行なう治療)と『第2期治療』(永久歯列期に行なう治療)に分かれています。
第1期治療では、将来大人の歯がきれいに生えそろうように、顎を適切な成長へと導く治療を行ないます。
第2期治療では大人の歯の歯並びや噛み合わせを整える治療を行ないます。混合歯列期は顎がいちばん成長する時期です。大人の歯が生えてくるのにあわせて、歯並びが悪くなる場合が多いため、一般的にこの時期に第1期治療を始める子どもが多いとされています。
第1期治療終了後、歯並びや噛み合わせの状態によって、第2期治療へと移行するケースもあります。

子どもの矯正装置

  • チンキャップ
  • 緩除(かんじょ)拡大装置
  • バイオネーター

[参考文献:歯科矯正学(医歯薬出版株式会社)]