医療費控除について

  1. ホーム>
  2. もっと知りたい!歯列矯正>
  3. 医療費控除について

1年間の医療費が10万円を超えた場合、納付した税金の一部が還元されます

医療費控除とは1月1日から12月31日までの1年間で10万円以上の医療費を支払った場合に、確定申告をすることにより、
納付した税金の一部が所得控除される制度を言います。
控除額は、支払った医療費、受け取った保険金により決定されます。所得税が還付される仕組みを簡単に図式化すると、
下記のようなイメージになります。


医療費控除のしくみ

医療費控除の申請

医療費控除の申請は医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を、所轄税務署長に対して提出しなくてはいけません。
その際、医療機関で発行された領収書やレシートが必要となりますので、必ずお手元に保管してください。
具体的な申告方法は、国税庁のホームページ(https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm)をご覧いただくか、
税についての相談窓口(https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm)記載の電話番号におかけの上、
お確かめください。

医療費控除の対象となる医療費

医療費控除の対象となる医療費は下記のようなものがあります。

  • 治療にかかった費用(検査費・診断費・矯正装置費・調整費)
  • 通院のための交通費(マイカー通院のガソリン代駐車場代等は対象外)

※ただし、医療費控除の対象となる歯列矯正治療は、不正咬合により、咀嚼機能などに問題が発生した場合となり、審美的な改善は
対象外となります。控除対象の治療に関しての詳細は、前述の税についての相談窓口記載の電話番号におかけの上、ご相談ください。

還付金について

還付金額は、1年間で支払った医療費と受け取った保険金によって算出される医療費控除額、及び課税所得額により決定されます。
医療費控除額の計算式は、以下のようになります。

医療費控除の計算式

還付金額は概要次のように計算されます。
医療費控除額は、所得税を計算するときに課税所得から差し引くことができます。
医療費控除額を差し引いて課税所得が減れば、課税所得に税率を掛けて計算する所得税額も安くなり、おおよそ、既に支払済の
所得税額と安くなった所得税額の差額分が還付されるという仕組みです。
詳細については、税についての相談窓口記載の電話番号におかけの上、ご相談ください。