治療後の後戻り

  1. ホーム>
  2. 歯列矯正とは>
  3. 治療後の後戻り
後戻りって?

後戻りってご存知ですか?

長い治療期間をクリアし、ようやく手に入れた理想の歯並び。
しかし、せっかくキレイになった歯並びも治療後のケアを怠ると、元に戻ってしまうことがあるんです。これを「後戻り」といいます。
後戻りをしてしまうと、頑張った治療をまたやり直さなくてはいけません。
そうならないためにも、どうして後戻りが起きてしまうのかをしっかり理解し、治療後のケアをすることが大事です。

どうして後戻りしちゃうの?

キレイになっただけじゃダメ

そもそもなんで後戻りしてしまうの?そう思われる方もいるはず。
キレイになった歯並びは、歯の位置を動かして整えたもの。本来あった場所に収まるように歯茎や骨は形成されていて、ここは歯よりも変化に時間がかかるため、元に戻ろうとする力が働きます。これが後戻りしてしまう原因なんです。
でも、せっかく長期間頑張ってキレイになった歯並びが元に戻るなんて絶対に嫌ですよね?そこで、リテーナーという後戻り防止の装置を装着します。

保定装置(リテーナー)を装着して、後戻り防止を

リテーナー

歯が後戻りをおこさないように、リテーナーという動いた歯並びを定着させる装置を装着します。
「矯正終わったのに、また装置をつけるの?」と思う方もいるかもしれませんね。でも、保定装置を装着することはとても大切です。
保定装置にはワイヤー状のものや、透明に近いマウスピース型のものまでありますので、歯科医院にご相談ください。