歯列矯正中の注意点

  1. ホーム>
  2. 歯列矯正とは>
  3. 歯列矯正中の注意点
歯列矯正をしたほうがいいの?

矯正中に気をつけることは?

矯正治療中もご飯は普通に食べられるの?歯磨きは?ガムは噛んでも大丈夫?などなど、治療中はいつもと違う生活になるのか気になるところ。ここでは矯正治療中の注意点をご説明します。

治療中の通院について

その体の不調、歯並びが原因かも!?

治療期間中は、装置の調整や、治療の進み具合の確認などのための通院が必要となります。通院の回数やタイミングは、数週間に1度から数カ月に数回などさまざまです。
矯正装置や矯正治療の進み方などによって異なりますので、治療を受けられる前に歯科医とご相談ください。

その体の不調、歯並びが原因かも!?

治療中は虫歯になりやすいってホント??

矯正治療中は虫歯になりやすい!こんなこと聞いたことありませんか?
確かに治療中はお口の中に装置があって歯磨きがしづらかったり、食べかすが装置に付着してしまったりしてそこから虫歯になってしまう可能性も。
でも、しっかりとケアをしていればリスクを小さくすることも出来ます。
歯列矯正を始めたときは、歯医者さんがブラッシング指導など日頃のメンテナンスのサポートをしてくれますので、お口の中をいつも清潔に保つよう心がけましょう。

治療中の食事はどうすればいいの?

矯正装置が歯に固定されている場合は、装置に食べ物が詰まらないよう治療中は控えた方が良い食べ物も。

ガムやお餅など粘着性が強いもの

ガムやお餅などは、粘着性があるため装置にくっつきやすく、ブラケットが取れてしまう可能性があります。

煎餅などの固いもの

煎餅などの固い食べ物は、装置を傷つけることがあります。特に装置を付けた直後は痛みが出ることもあるので、極力避けた方が良いかもしれません。

カレーなど色素が強いもの

カレーやコーヒーといった色素が強い食べ物は、装置のゴムに着色してしまうことがあります。