Logo sp

Sp menu

意外と知らない!?
歯列矯正を始める
きっかけ

H faq sp

意外と知らない!?
歯列矯正を始める
きっかけ

02

日本の歯列矯正事情

Graph1

出典:
日本人の歯並びに関する意識調査
2012年 調査人数200人
アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社

Graph2

出典:
厚生労働省 平成26年患者調査

5人に1人が矯正経験者

「歯並びに関する意識調査」によると、日本人の約60%が歯並びに悩みを持っているそう。ですが実際に矯正経験がある人はそのうち21%と、歯列矯正に踏み切れない人もいるようです。
出典: 厚生労働省 平成28年歯科疾患実態調査

矯正経験者の3割がオトナ矯正

厚生労働省によると、20歳以上のオトナの歯列矯正は約30%。現代人の3人に1人は歯並びに問題があるとの報告もあり、20歳を超えて歯列矯正を行う機会を逃して悩んでいる人が多くいる可能性が上がってきます。

Char1 1

日本の歯列矯正事情

Graph3
Graph4

出典:
日本人の歯並びに関する意識調査
調査人数500人
アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社

2人に1人は「半年以内」に治療を決意

「歯科医師に勧められたから」との回答が約30%、続いて「家族に勧められたから」となり、第3者からの声が大きく影響することがわかりました。「資金に余裕ができたから」、「子供が矯正するので一緒に始めることになった」などの回答もありました。大人になってからの歯列矯正は、第三者からの指摘をうけて施術することを決意するケースが多いと言えます。

決め手は「歯科医師」や「家族」などの第三者

調査では、2人に1人が「半年以内」、さらに4人に1人は「1カ月以内」という結果になり、多くの人が比較的短い期間で矯正治療を決断していることがわかりました。
さらに、「半年以内」と回答した人の中でも、「(検討期間が)長かった」「もっと早く治療すべきだった」と答えた人も約2割に上りました。
参照記事: 最新!オトナの歯列矯正事情

Char2
Graph5

出典: 歯列矯正に関するインターネット調査
調査人数500人
アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社

歯列矯正を悩んだ理由は?

19歳までに治療を行わなかった多くの人は悩みを持ちながらも、治療するタイミングを見つけられない傾向にあります。
費用の問題はもちろん、長期間の矯正器具の装着による周囲の反応など、 未成年の時以上に決断が難しくなっている様子がうかがえます。

Char3

次は、マウスピース矯正の認知度やメリットとデメリットについて紹介します。