成功者に求められる“歯並び”に関する意識調査

ホーム > オトナ矯正 > 成功者に求められる“歯並び”に関する意識調査

成功者に求められる歯並びに関する意識調査 成功者に求められる歯並びに関する意識調査

相談したいあなたは?医院検索でお近くの歯科クリニックをチェック!!

調査内容

■調査対象: 日本、アメリカの20代~40代男女400名(計800名)

■調査方法: インターネット調査

■調査時期: 2016年10月

■調査設計: アンケート調査

成功するためには見た目の良さが重要だと思いますか?成功するためには見た目が重要と答えた人は日本・アメリカ合算で8割! 成功するためには見た目の良さが重要だと思いますか?成功するためには見た目が重要と答えた人は日本・アメリカ合算で8割!

「成功するためには見た目の良さが重要」と回答した人は、日米合算で8割。
アメリカで65%、日本で95%と、“成功者”に対して、見た目を重視する日本人の傾向が伺えました。

相談したいあなたは?医院検索でお近くの歯科クリニックをチェック!!

歯並びに自信がある日本人はアメリカ人の5分の1 歯並びに自信がある日本人はアメリカ人の5分の1

「歯並びに自信がある」と回答した人は、日本では10%、アメリカでは50%となりました。
歯列矯正の普及が進んでいると言われるアメリカでは、自身の歯並びに対しても高い自信を感じていることが伺えます。

歯列矯正装置をつけることに抵抗がある日本人は年々減っているものの現在でもアメリカ人の2.4倍 歯列矯正装置をつけることに抵抗がある日本人は年々減っているものの現在でもアメリカ人の2.4倍

アメリカでは「歯列矯正に抵抗がある」人が23%なのに対し、日本では50%以上が「抵抗がある」と回答。
また、2012年3月に実施した調査で同じ質問を行ったところ、「歯列矯正への抵抗」が72%と、
4年半で日本の「歯列矯正への抵抗」が16%減少したことが分かりました。

マウスピース型矯正をしてみたいと思う アメリカでは62%が希望 その差は日本の1.8倍 マウスピース型矯正をしてみたいと思う アメリカでは62%が希望 その差は日本の1.8倍

歯列矯正の認知度について聞いたところ、“裏側矯正(舌側矯正)”について知っている人は、日本で32%、アメリカで45%。“マウスピース型矯正”について知っている人は、日本で49%、アメリカで64%と、いずれも日本のほうが認知度が低いことが分かりました。
また、歯列矯正意向について、 “マウスピース矯正”に関しては日本で34%、アメリカで62%と、大きな差があることが分かります。

歯列矯正に対してどんなイメージをお持ちですか? 歯列矯正に対してどんなイメージをお持ちですか?

歯列矯正に対するイメージについて聞いたところ、日本では「面倒」「痛い」「器具をつけての笑顔が少し恥ずかしい」「笑った時に見えるから抵抗がある」といった回答が多いのに対し、アメリカでは「正しい歯並びは全体的な健康において重要」「美的だけではなく、健康のために大変重要である」「面倒くさいが、長期的に見ると無駄ではない」といった回答が得られました。(※コメントは一部抜粋)
日本では歯列矯正を審美的な視点で捉える傾向が伺え、アメリカでは健康や心理的な変化に影響するといった視点の回答が得られました。日米の歯列矯正に対する認識自体に違いがあることが伺えます。

働きマン 松方弘子がマウスピース矯正を徹底取材

  • マウスピース矯正クリニック検索

    マウスピース矯正クリニック検索

  • オトナ矯正ハンドブックプレゼント

    オトナ矯正ハンドブックプレゼント

    目立たないマウスピース矯正って知っている?

    目立たないマウスピース矯正って知っている?

    マウスピース矯正よくあるご質問

    マウスピース矯正よくあるご質問