Logo sp

Sp menu

【対談後編】藤井サチさん×佐本先生歯を大事にすることの価値

H faq sp

【対談後編】藤井サチさん×佐本先生歯を大事にすることの価値

Cach

藤井サチさんの“矯正治療にかける想い”に迫る!

前回の藤井サチさんと佐本先生の対談前編では、治療を始めたきっかけや半年間の治療による変化、マウスピース矯正装置の使用状況など多岐にわたる内容をお届けしました。有名モデルのリアルな矯正治療事情を知ることができ、内容を読んでほっこりした方も多いのではないでしょうか?

対談後編に関してはより藤井サチさんの想いにフォーカス。矯正治療の今後の展望、自身の理想、歯の美容や健康に関する考えを中心に話をお聞きしました。今だけの美しさではなく、将来の歯の健康についても深く考えているその姿勢からは、口元の美意識に対する“並々ならぬこだわり”が伺えました。いつまでも素敵な笑顔を保ち続けたいと考える藤井サチさんのインサイトに迫っています。

藤井サチさんプロフィール

Profile01

1997年3月6日生まれ。
2012年にミスセブンティーン2012に選ばれ、モデルデビュー。
同誌専属モデルとなる。
2017年4月号をもって『セブンティーン』を卒業後、
2017年6月号より、『ViVi』専属モデル。
「ヒルナンデス!」や「王様のブランチ」等TV番組にも多数出演し、
モデル業以外でも活躍中。
Twitter : @sachi_fujii
Instagram : @sachi_fujii_official

インタビュー協力歯科医師紹介

Profile02

【経歴】
1997年 日本大学歯学部卒業
(日本大学「歯学部長賞」受賞)
2003年 日本大学大学院矯正学 修了(歯学博士号取得)
2003年 日本大学助手(日本大学松戸歯学部歯周科)
2003年 日本矯正歯科学会「矯正認定医」取得
2006年 港区南青山にて「青山アール矯正歯科」開院

【認定】
日本矯正歯科学会 認定医

佐本 博先生(青山アール矯正歯科)

マウスピース矯正ならではのメリットとは

■夜のマウスピース装着で藤井サチさんの歯ぎしりも緩和?

1

――取り外しができる。目立たない。普段と変わらずに食事ができる。歯磨きなどのケアがしやすいなど患者さんにとって多くのメリットがあるマウスピース矯正ですが、先生にとっても長所はありますか?

佐本先生 そうですね。治療計画が立てやすいなどマウスピース矯正のメリットは歯科医師にとってもたくさんあります。ただ、まだできる先生が少ない、というか先生によって設計図が異なるのでやはり結果も変わってきますね。それはどの世界も一緒だとも思いますけど。

藤井サチさん マウスピース矯正は、医院に通う頻度が少なくて済む点もメリットです。マウスピース矯正は2~3ヶ月に1回くらい、先生にチェックしてもらうだけでいいので。いつもと変わらない歯磨きができますし、ケアの面も楽なのもメリットです。

佐本先生 そうですね。本当に問題なければ、極端な話では半年に1回とか1年に1回とかでも大丈夫です。いろんな状況を想定して、基本的には2~3ヶ月に1回は来院していただいています。ただ、本当にちゃんと使っていれば問題ないので、僕の患者さんの中には結構海外の留学に行かれる方もいます。全然問題ないです。帰国時に見せてもらえればいいですし、そういう点では患者さんも楽だと思います。

――ちなみにマウスピース矯正を選ぶ方はどんな人が多いでしょうか?

2

佐本先生 サチさんもジムでトレーニングもしていると思いますが、スポーツをする人はマウスピース矯正を選ぶケースが多いんですよ。ワイヤーが危ないという理由で諦めなければいけないということもありませんし。また、マウスピースをつけながら動くとポテンシャルが上がるという説もあるそうです。実際、僕の患者さんでも五輪のメダリストがいて、マウスピースをつけて競技に臨んだようです。プロ野球選手でも「つけて投げたら調子いいから装着しています」という人もいるので、スポーツされる方にも向いていますよ。

藤井サチさん 後は歯ぎしりする人にも良いって言いますよね。私もすごい歯ぎしりの癖があったのですが、最近はあまり気にならないです。マウスピースすると緩和されるんですかね?

佐本先生 そうなんですよ。結局歯ぎしりとかスポーツで食いしばると歯が擦り減ります。そうすると患者さんは擦り減った分を取り戻そうと色々動いたりするんですよ。そうするとだんだん無理が出てくるんです。マウスピースがガードして歯ぎしりを防止してくれるので、歯へのダメージが少ないのです。夜の歯ぎしりによって歯はどんどん擦り減るので、マウスピースをつける習慣があると歯へのダメージが軽減されます。なので、歯並びを正すだけではなく、死ぬまで役に立つのです。

――死ぬまで役立つというのはどういった意味合いでしょうか?

佐本先生 高齢になって歯周病に罹患すると、歯が倒れてしまうことがあります。日頃からマウスピースを夜寝る時につけているだけでも歯の移動を防ぐことが期待できます。そうすることで高齢になっても残存歯の割合を高まられると考えているので、マウスピースが死ぬまで役立つというのはそういう意味です。

「自分の歯を大事にすること=自分を大事にすること」

■マウスピース矯正とホワイトニングを併用中

3

――矯正治療はこの先も続きますが、今後こうありたいという理想はありますか?

藤井サチさん 本当にキレイな歯になりたいです!歯並びだけじゃなく、ホワイトニングで白くもしたいですね!今、マウスピースにホワイトニング剤を入れて2時間はめるホワイトニングも併用中です。

佐本先生 ご存知でない方も多いですが、マウスピース矯正はホワイトニングも同時にできるんですよ。ホワイトニングのマウスピースと変わりないんで、矯正用のもので対応は可能です。

藤井サチさん そうなんです!このマウスピースだけで歯並びもきれいになるし色もきれいになるので、一石二鳥ですね!これで歯並びをキレイにして、色も白くして、ピカーッとキレイな歯になるのが理想ですね!周りだとセラミックを入れている子もいますが、私は自分の歯を残した状態で歯並びをキレイにしたいと思っているので、マウスピース矯正を今後も続けていきたいと思っています!

――今の美しさだけでなく、将来を考えても自分の歯を維持することが一番いいですよね。サチさんの中でもそういった想いは強いのでしょうか?

藤井サチさん もう絶対自分の歯でいたいですね。歯ってすごく大事ですよね。年々、歯ぐきとかも弱まりますし、今からのケア、10代後半~20代前半の内からちゃんとケアしていくことが大事だと思っています。

佐本先生 いくらファッショナブルにしても整えても、歯並びが悪かったり、お口の中にたくさん治療痕がある人を見ると、せっかくキレイなのに残念だなってやっぱり思っちゃいますよね。歯並びが良くなれば虫歯にもなりにくくなりますので、そういう意味でも矯正治療を推奨します。

■「歯並びがキレイになったね」と言われるのはやっぱり嬉しい

4

――サチトレなど、筋トレで自分磨きされているサチさんに憧れている方はたくさんいます。しかし、そんなキレイなサチさんでも歯を気にされているという事実は、自分にコンプレックスを持つ人を勇気づけてくれると思います。みなさんへ歯の大切さについてのメッセージはありますか?

藤井サチさん 筋トレも運動することもダイエットすることも、自分を磨くことですよね。自分が気分良くいられるためにやることだと思っているのですが、それに歯をキレイにするという選択肢がある人はまだ少ない気がします。自分にもうちょっと自信を持つためにも、ぜひ選択肢に加えてもらえたらと思っています。

やっぱり歯がキレイだと笑った時にその表情が素敵ですし、「自分の歯を大事にしている=自分のことを大事にしている」ということにつながると思うので。無理なダイエットをする人もいると思うんですけど、ストレスなくキレイになれるのはすごく良いことだと思うので、自分のことも大事にして、同様に歯も大事にしてもらえたらなと思います。

――矯正治療は結構、高額ですが、「それに見合うだけの自信が得られた」と満足されている方は他の患者さんでもいらっしゃいますか?

佐本先生 みなさんそんな感じですよ。不思議と運気が良くなるというか、出世される方も多いですよ。自分のコンプレックスがなくなると、自信が持てるからという理由ですかね。

藤井サチさん 確かに運気あがったかも!嬉しすぎていつも「イーッ」としているんですよ(笑)。やっぱり楽しいし、嬉しいし、運気が良くなっているなって実感できますよね。

佐本先生 そうですね。単純に笑顔になれる、笑顔が増えるというのもありますよね。

藤井サチさん 家族やメイクさん、コンスタントに会う友だちからも歯並びキレイになったねとかも言われるので、やっぱり嬉しいです。

――最後に先生からサチさんへのエールをお願いします!

佐本先生 時間がかかっても僕もそれに合わせて一緒に治療していくので、本当に満足するところまで継続していただきたいですね。今も十分キレイですが、もっともっと歯もキレイになるように一緒に頑張っていければいいなと思います。

藤井サチさん はい!頑張ります!

5

主治医の佐本先生との対談に終始笑顔が絶えなかった藤井サチさんからは、歯並びがキレイになることの喜びがすごく伝わってきました。白い歯がこぼれる口元は、すでに眩い輝きを放っていますが、まだ矯正治療も半年間が経過したばかり。今後、さらに歯並びがキレイになっていくであろう藤井サチさんからは目が離せませんね!