Logo sp

Sp menu

歯列矯正の種類

E poster sp

歯列矯正の種類

たくさんの装置があります

矯正装置なんか恥ずかしくてイヤ!そう思っていませんか?でも、矯正装置って目立たないものもあるんです。現在では、表側からは見えない装置や、ワイヤーを使わない透明な装置など、患者さまのご要望に応えた様々な種類の矯正装置が開発されています。

Img toptitle

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、最も良く知られた矯正治療法。「矯正といえばこれ!」というイメージの人も多いでしょう。

  • 金属ブラケット

    歯の表側に接着する装置(ブラケット)が金属製のもの。メリットは、丈夫で費用も低額なこと。メタルブラケットともいいます。

    Img index wire02
  • 審美ブラケット

    ブラケットが透明や白色の目立たない色で、審美性が高い装置。セラミックス製やジルコニア製、プラスチック製のものがあります。

    Img index wire03
  • セルフフライゲーションブラケット

    従来のワイヤーを使った矯正装置よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦力をより軽減させた装置。痛みを軽減しながらもスピーディーに歯を移動させることができます。

    Img index wire04
  • リンガルブラケット

    歯の表側ではなく裏側に装着するブラケット。表側からは見えないので、周囲の人に矯正していることが気付かれにくいことが大きな特長。この装置を使った矯正を「裏側矯正(舌側矯正)」といいます。

    Img index wire05

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットを一切使わず、マウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着することで、歯を移動させるのがこのマウスピース矯正。メリットは、矯正装置が透明に近いため、周囲の人に矯正しているのが気付かれにくいこと!また、装置は厚さが1ミリ以下と薄いので、装着時の違和感や不快感が少ない傾向にあります。

Mouthpiece type

目立たない矯正が人気!

「歯並びに悩んでいて治したい。だけど、目立つ治療はイヤ・・・」そんな患者さまの声に応えるために矯正装置の開発は進み、マウスピース矯正のように、目立ちにくい矯正装置による治療が人気となってきています。歯列矯正には、大きく分けて「ワイヤー矯正」、「裏側矯正」、「マウスピース矯正」の3つの治療法がありますが、治療中の見た目も含めて、それぞれにメリット・デメリットがあります。どれがあなたにピッタリな治療法かは歯科医師とよく相談して決めましょう!

Unnotice